シャドウバース新セットでる

恒例の気になったカードを何枚かを。
毎回リーダーごとに選んでたけど、リーダー増えてちょっとめんどくさくなったので、気になったカードだけを。

エルフ
インセクトキング
フォロワー
2コスト 1/1→3/3
ファンファーレ  ランダムな相手のフォロワー1体に「このターン中にカードをプレイした枚数(このカードも含める)」と同じダメージ

インセクトて名前からリノセウス感がありそうですが、実際はメイの焼き直しバージョン。
メイと違うのはダメージ量を調節できるため、本来は倒せなかった相手をも倒せる可能性があるところです。
2コストになってるのは明らかに痛いところですが、中盤に差し掛かるあたりで展開しながら2/2とかを倒せるとかなり強い動きになりますね。
メイよりも使いにくさはありますが、腐りにくくなっており、良い調整だと思います。


ロイヤル
騎士王・アーサー
フォロワー
6コスト 2/6→4/8
ファンファーレ  コスト2以下の、それぞれ名前の異なるロイヤル・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。

これまた乙姫のリメイク感がある感じですが実際の挙動はかなり異なってますね。
フルスペックを発揮するためには2コス以下をロイヤルだけで4種類以上は採用しないといけません。
刃ネズミとクーフーリンを確定で持ってこれるようにすれば小型の除去と場の強化がいっぺんに出来るので悪くなさそうです。
本体が弱くなった代わりに2/2を引き連れてくる乙姫と考えるとかなり強いですね。
刃ネズミを採用しておけばサラマンダーブレスへの耐性はある程度つきますしね。
ほんとにある程度ですけどねw
ニュートラルもサーチできたらかなり良かったんですけどね、その辺はうまく調整してきやがったなって感じがします。


ウィッチ
マナリアの知識
1コスト
スペル
マナリアの魔弾、マナリアの防陣の中から、ランダムに1枚を手札に加える。

ドロシーと超越の新兵器。
コスト2の除去か2/2守護が手に入るので1ターン目に積極的に動けるスペルが増えたのはほんとすごいですね。
どっちが手に入っても強いのがだいぶズルいですな。
もちろん雑に使っても強いので、ローテ環境でも十分通用します。


ネクロマンサー
骸骨虫
フォロワー
2コスト 1/3→3/5
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、自分のリーダーを1回復

ソウルイーター君のリメイクカードですな。
コストが2というのがめちゃんこ偉い。
コツコツ回復してアグロを困らせる良いカードですね。
こういうのが欲しかった。


生と死の逆転
スペル
5コスト
リアニメイト この自分のターンのターン数

ぼくはね、リアニメイトが大好きなんだ。
ケリドウェンが去ったローテ後もリアニできて嬉しいの一言ですね。
進化を払わなくていい分、中盤以降ならいつでも使えるのが嬉しいところ。
反面、進化を使う分で5/4が場に一緒に出てくるケリドウェンよりはインパクトでは劣ります。
リアニで戻したいフォロワーもローテ後はだいぶ減ってしまいますので、どのくらい強く使えるかは割と微妙なところがありますね。


ヴァンパイア
呪いのカカシ
2コスト
フォロワー 4/1→6/3
このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。

久しぶりにみた何のために生まれてきたのかわからないカード。
守護でもついてるのかとおもったら守護もないし、ほんまに意味が分からん。
おいて置ける除去として使ってね、って感じなんだろうけど・・・
4コスくらいまでのカードとは交換できる可能性がありますが、基本的には2コスくらいのやつと交換して終了ですね。
2ピックですら取りたくないレベルなのが恐ろしい。
なんかいい使い道があるんだろうか・・・


ビショップ
頂きの教会
アミュレット
1コスト
自分のビショップ・フォロワーが攻撃するとき、それは「ターン終了まで、攻撃力の値ではなく体力の値と同じダメージを与える」を持つ。
ファンファーレ 自分の場に他の頂きの教会があるなら、カードを1枚引き、このアミュレットを破壊する。

レリアの欠点を埋めたカードで、信じられないことにコストが1。
ニュートラルには働かないことは覚えておきましょう。
この手のアミュの複数引いたら無駄、置くターンの隙がデカイ、といった欠点をすべて埋めたすごいカードです。
ローテ環境では軽いところはスノーホワイトくらいしか相性のいいカードがありませんが、アンリミまで見ると2ターン目から3/3相当が出てくる恐ろしい魔境デッキと化します。
これを引かなかったら弱い、みたいなデッキにならないようにうまく構築ができると一気にナーフ候補生まで駆け上る可能性のあるカードですね。


ニュートラル
ゴブリンエンペラー
フォロワー
3コスト 2/2→4/4
ファンファーレ ゴブリン、ゴブリンリーダー、ゴブリンプリンセスからの中からランダムに1枚を手札に加える
自分の場に元のコスト1以下のフォロワーが出るたび、それは突進を持つ。

ぼくはね、ゴブリンちゃんも大好きなんだ。
ファンファーレでとりあえずなんかカードが入るのは良いですね。
マナカーブ的にはリーダーが嬉しいですが、カードパワー的にはプリンセスが嬉しいですね。
ゴブリンが一番のはずれですが、それでも突進付与が働くため、とりあえずあいさつ代わりの1点除去として使えるかもしれません。
ネクロの骨っ子軍団とも相性がいいので、使ってみたいカードですね。
そろそろゴブリンデッキが組めそうになってきた。

クロノス
フォロワー
8コスト 4/3→6/5
ファンファーレ このバトル中、お互いのリーダーは「自分のターン終了時、「自分のフォロワーの最大攻撃力の値」と同じだけカードを引く」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない

すごい勢いで手札が増える。
増えすぎてすぐデッキがなくなりそう。
大型の疾走を有してないコントロールにはかなり刺さりそうですね。
過ぎたるは及ばざるがごとしの格言どおり、引きすぎ系のカードですが、引きまくった上で魔海からのコンボを狙ったりするデッキが出まくりそう。
個人的にはインペリアルドラグーンの新しい相棒として期待してますが、明らかに魔海からの疾走コンボパーツを探して使った方が強いのが欠点です。


今回はこんなもんですな。
気になった、使ってみたいカードを中心に選びました。
ネメシスはよくわからんので全部使ってみたいのであえてここに書いてません。
ネクロマンサーも葬送がよくわからんので、葬送がどういう風に働くのかはっきりしてから評価してみたいですね。

ハースストーンを久しぶりに

新セットが出たっぽく、その新セットと同時に追加されたキャンペーンモードがかなり面白いと評判だったので、久しぶりにハースストーンをプレイしてみました。

ローグライクみたいな感じでダンジョンに潜り、敵を倒し、報酬のカードでデッキを強化して最終的にボスを目指すのですが、これがかなり面白いんですよね。
ハクスラとカードゲームをうまく組み合わせたこのモードは永遠に遊べるんじゃないかって思わせるほどに面白いです。
基本的には死んだら終わり、クリアしても終わり、手に入れたカードはそこでサヨナラの限定構築戦なので、どんだけプレイしても基本的には時間の無駄なのですが、それでもやってしまう魅力があります。
たとえ得るものがなくとも、面白いゲームってのはずっとやってしまう何かがありますね。

今のところ、4人くらいかな、そのくらいのリーダーはクリアすることが出来ました。
クリアした時は翡翠ゴーレムデッキと、クトゥーンデッキ、あとはもらったカードがチートすぎた時のパターンなので運に左右される感じがすさまじいです。
道中の敵に何が出てくるか、ボスに誰が出てくるか、途中で拾えるカードがどれくらい強力か、などなど運に左右されるゲームですが、そういうゲームが好きな人にはめちゃくちゃツボにはまると思います。
ハースストーン自体はかなり久しぶりなので知らないカードばっかりなのも面白かったですね。

なによりすさまじいのはこんだけ遊べるモードが無料ということがすごい。
まぁおかげでクリアしても報酬で何かもらえたりするわけじゃないんですけどね。
得るものがなくとも遊べるゲームがやりたいひとにはオススメできるので、気になったカードゲーマーはプレイしてみることをお勧めします。

ちなみに構築戦もちょろっとやったんですが、あまりにもプレイしてた時代に差があるおかげで、まったくゲームについていけなかったw
ナーフされて弱くなってるカードが山盛りだったw

かんこれイベント終了

秋イベントおわりました。
今回は苦労した・・・

新しい陣形や7隻を使った遊撃部隊など新しいシステムがてんこもりだった今回のイベントですが、難易度は結構高かった気がします。
特につらかった思い出があるのは輸送任務ですな。
どんどこ大破してキツかった・・・
終わってみるとE-2が一番つらかった気がします。
その次にきつかったのはやっぱE4ですかね。
ダブルゲージの両方ともゲージ破壊するのが大変だった。
永遠の丙提督として、余裕の丙ですがそれでもゲージを破壊できたのは2回、つまり破壊できるようになってからしか破壊できなかったくらいにはキツかったですね。
夜→昼と特殊な移行をするマップなので、ギョライ・カラテで駆逐艦がボス撃破に貢献できない以上、ボスを撃破するのは扶桑と山城に掛かってるのですが、その二人も割とあっさり大破するので、なかなかボスに攻撃を集中できずにゲージ破壊には大変苦労しました。
とはいえ、最後は運よく扶桑と山城二人が残って、着弾観測でのクリティカルからの撃破で大変良い気分で終わることが出来ました。
クリア後に、山城と扶桑と時雨の特殊ボイスも聞けましたし、終わってみれば大変満足のいくイベントとなりました。
ほんとやってる途中はなんだこのクソイベントはって思ってたんですけどねw
勝てればなんでも楽しいのだよw

まだ噂の潜水艦の娘は来てないので、余った時間は例の娘を確保しに行きたいですが、土日にちょいっと用事があるので割と諦めてます。
まぁそのうちどっかで手に入るでしょ。
今回のイベントで手に入れてなかった海防シリーズがめっちゃ手に入ったし。

一か月すぎ

一か月過ぎましたがまだDSJクリアできてません。
なんたる難易度・・・

毎日ちょくちょくやってるんですけど、レベル上げと悪魔合体に時間を取られなかなか前に進めませんw
追加された新ダンジョンの難易度がなかなかエグくて、ザコ敵やボスの強さもなかなかの強敵なんですが、それ以上にマップの難易度がすごい。
ちょくちょく出てくるやめてくれーと言いたくなるワープとかダークゾーンのエグさがすごい。
今作のオートマップやエンカウント低下のアプリなどが優秀なため、ダンジョン探索に専念するとサクサク攻略できるのですが、あまりにもサクサク進めすぎるとボスで詰むので、結局どこかでレベルをあげる必要が出てきます。
前よりも難しくなってる気がするw
その分歯ごたえがすごくて、大変楽しい。

その辺の軟弱なRPGに飽きたひとは是非やってみましょう。
投げたくなるけど続けたくなる世界が待っている。


いよいよシャドウバースも新セットが出るまで一か月を切りましたね。
次のセットは新リーダーが追加されるということで楽しみが一つ増えましたね。
カードのナーフラッシュにより、徐々にバランスは良くなってきていると思うので、次のセットでまた壊れないことを祈るのみですなw
しかし今見ても神々の騒乱とワンダーランドのカード群はヤバイ。
主要なカード全部ナーフされたんじゃ?って勢いですな。
流石にあの半年は反省の歴史として永遠に刻まれることでしょう。
あの半年がもう少しマシだったらシャドウバースはもうちょっと元気だった気がするんですけどねぇ。

女神転生DSJ

1万6千円くらいする信者ボックスをゲットしました。
なかなか良いというか信者なら大喜びする内容の限定ボックスで、高いけどその分の価値を感じる満足できるアイテムです。
女神転生好きな人なら絶対後悔しないので、迷ってたらまだ手に入る今のうちにゲットするのをオススメします。
こういうのは欲しい時に手に入れないと後悔しますしね。

んで肝心のゲーム内容ですが、基本的には前のストレンジジャーニーとほぼ同じですが、細かいところを調整してリメイクしています。
台詞も一部がボイスくらいかな?と思ってたんですが、ストーリーの部分は今のところフルボイスでかなり満足。
女神転生シリーズの中でも異色ともいえるこの作品はやってない人も結構いると思うのですが、はっきり言ってめちゃんこ面白いので、ぜひともいろんな人に触ってほしいですね。

ざっくり感想はこのくらいで細かい事を言いますと、まずはストーリーのフルボイス化がすごいんですよね。
ほんとに主役からわき役まで全員にボイスが入ってまして、これがほんとにストーリーを盛り上げてくれます。
SFの雰囲気をしっかりと出してくる魅力的なキャラクター達は前回と同じなのですが、完全に魂が入り込み、一本の映画を見ているような感覚でストーリーを見ていられます。
緊張感のある中での責任を果たそうとするゴア隊長、軽い口調ながらも歴戦の経験を思わせるヒメネス、徐々にシュバルツバースに適応していくぜレーニン、無感情ながらどこか温かみを感じさせるアーサーなど、本当に魅力的なキャラクターたちに見事に命が宿り、ストーリーの雰囲気は劇的によくなっています。
あの例のペ天使も思った通りのうさんくさい雰囲気になってますので、ぜひともご確認ください。

割とハードな内容のゲームですが、その分、今までの女神転生とは違った味が楽しめますので、3DSを持っている人はぜひとも購入を検討するべきですね。

今日のえこ占い♪

カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

walrus

Author:walrus
エミルクロニクルオンラインのまったりプレイ日記だった場所。
今後は適当に遊んでるゲームとかの日記になるはず。

一流のメイドさんを目指しながらも、最近はアーチャーとふぁーふぁーに浮気する毎日を過ごしてました。

好きなサーバーはクローバー。

ゲーム内で見かけた人はニヤニヤしてやってくださいね!
何か聞いてみたい事などあれば、お気軽にどうぞどうぞ。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

リンク

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ふぁーふぁ検定♪

Pictlayer

ECOカレンダー

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © walrus