めがてん

最近は真女神転生SJ漬けになっています。

http://megamisj.atlusnet.jp/

クエ消化すらしていない。
そもそもログインしていない。


このゲームは間違いなく女神転生シリーズの最新作だと断言できます。
ライト層および女性をターゲットにしたペルソナシリーズ、それよりはややマニアックな大人向けのデビルサマナーシリーズ、そしてメガテンマニア向けの女神転生シリーズとでもいいましょうか。
とにかく女神転生シリーズを冠するにはメガテンヲタを納得させるだけの材料が必要なのです。
そしてメガテンヲタのわたしが断言できるので、これは間違いなく女神転生です。
真女神転生4といっても問題ないんじゃないかとすら思えます。
4じゃないのはこのゲームの舞台が東京じゃないから!


圧倒的な世界観とシナリオはさすがの一言につきます。
ダークな世界はどこをどう切り取っても女神転生です。
人が足掻き、もがき、なんとかがんばって生き延びようとしますが、そんなの関係なしにあっさりと死にます。
他の国産RPGなら絶対死なないような展開でも死にます、さすが女神転生です。
死ねば良いってわけじゃないのですが、あっさりと人が死ぬことで世界観にすさまじく緊張感がでてきます。
そんな怒涛の展開が休むまもなく連続し、世界のからくりを少しずつ見せ付けていく手法は本当にひきつけられます。

もちろん主人公も死にます。
雑魚戦でも思わず「嘘だ!」といいたくなるほどに死にます。
勘違いしてもらっては困るのですが、主人公の場合はストーリー的に死ぬとかじゃないです。
普通に全滅したりします、ゲームオーバーです。
雑魚でそれなのでボスとかもう完全に死に覚えの世界です、初見殺しもいいとこです。
それを死に覚えゲーというかマゾゲーというか、呼び方は人それぞれでしょう。
ですがこれこそが女神転生で、どんな強装備で最強の仲魔を連れても死ぬときは死ぬのがこのシリーズなのです。

戦闘や合体などのシステムは目新しいものはありませんが、非常にバランスがよいものになっているとおもいます。
どんなボスにも弱点だったり攻略法があり、ちょっと構成を変えて挑むだけでめちゃくちゃ楽になったりします。
このあたりのバランス感覚はさすがアトラスといったところでしょうか。
基本は死に覚えなのですが、ボス近くにはセーブポイントがしっかりと用意されてるので安心して死ねます。
親切設計ですね!

私がおもうにこのゲームで一番の特徴はマップ探索だとおもいます。
従来の女神転生と同じく3Dダンジョンをぐるぐると探索するのがこのゲームの醍醐味ですが、今回はそれにアイテム素材の収集や隠し扉の調査などの新要素が加えられています。
別にそれ自体はまったく新しくない要素なのですが、シンプルなだけに妙にハマってしまいます。
長年3Dダンジョン作ってるだけあるなぁ、と思わず納得するほどに出来が良いです。
単純な要素ではありますが、それらのバランスが非常によいので飽きません。
このあたりは人によりけりかもです。
一度攻略したダンジョンを素材集めでぐるぐると探索するのが苦痛だと感じるか、楽しいと感じるかでこのゲームの評価が変わりそう。

と、まぁいろいろ書きましたが、私がえこのログインを放棄するほどには楽しいゲームです。
いま中盤を過ぎ、終盤にはいりそう?くらいの状態ですが飽きません。
DS持ってる人は買いましょう。


おまけ



いまの私のじまんの嫁です。


そJあみWHるをよみやQまYGZ
GみもGひすKみDにくにみこりE

このゲームはパスワードによって仲魔の交換が可能なのです!
いまの時代にパスワードとか!!
このパスを打ち込んででてくるのは魔人アリスです。
ファイナルヌードを継承させた児ポ法に挑戦するアリスです。
魅了された敵は全員ロリコン。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://walrus.blog40.fc2.com/tb.php/660-6e15aae9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今日のえこ占い♪

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

walrus

Author:walrus
エミルクロニクルオンラインのまったりプレイ日記。
最近はロック音楽日記にもなりつつある。

一流のメイドさんを目指しながらも、最近はアーチャーとふぁーふぁーに浮気する毎日。

好きなサーバーはクローバー。

ゲーム内で見かけた人はニヤニヤしてやってくださいね!
何か聞いてみたい事などあれば、お気軽にどうぞどうぞ。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ご連絡などは、takamura45あっとまーくgmail.com までお願いします。(あっとまーくを変換してお願いします)

リンク

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ふぁーふぁ検定♪

Pictlayer

ECOカレンダー

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © walrus