作戦中間報告書その2

E-7について。

今回の最終目標のE-7は情報によるとマップの下ルートのXますとYますをS勝利で何回か叩くとボスが弱体化するらしく、それを叩いてからやるのがセオリーだそうな。
そもそも弱体化させないと鬼神ともいえる強さらしい。

というわけで先人達の教えに従いまずは水上打撃部隊で下準備をすることに。
XますもYますもあんまり強くないのですが、しっかりと三式弾を積まないと効率よく倒せないのであるだけ戦艦と重巡に積んでいきましょう。
下の水上打撃るーとはあきつ丸が居ればボスまで直行で固定できるっぽいのですが、戦闘回数がけっこう多い上になかなか敵もやっかいなのでY倒したら帰るくらいの感じが良いと思います。
ボスにいくなら装備も変えて行きたいですしね。

そんなこんなで3回倒した後にボスに向かってみる事に。
最初は正規空母4戦艦2を第一艦隊にした空母機動部隊で向かってみたんですが、面白いくらいルート反れしまくったあげく、ようやくたどり着いたと思ってももう艦隊はへろへろで30点くらいのダメージを与えて終わりというどうしようもない結果に。

これはいかんと水上打撃部隊を試してみたりしましたがこれもやはりダメ。
なんたる強さだとげんなりしつつ、情報を集めるとどうやら軽空母を入れた編成だとルート反れが少なくなるそうな。
試してみたところ確かに面白いようにボスに到達しだし、また道中の戦闘も少ないためボスにしっかりダメージを与えることができました。
とはいえ最初の分岐はどうも固定できないらしく、結局Xマスを7回、Yますを5回ほど叩いた状態でゲージ破壊モードに。

ゲージ破壊でまたボスが一段と強くなるうえに、今までもA勝利がけっこうあったので流石に決戦支援部隊も編成しました。
さらに連合艦隊の編成も若干見直しました。
具体的に言うと旗艦のじゅんよーの司令部施設を外して熟練整備員を設置したのと、第二艦隊の駆逐艦の装備を砲撃から雷撃装備に変えたくらいです。

そこからゲージ破壊に至るまで出撃は10回を超えた・・・
失敗の理由は主に道中での大破撤退ですね。
ゲージ削りのときは大破でも司令部施設で退避させて強引に削りにいけたのですが、ゲージ破壊ともなるとなるべく戦力は落とせなかったので仕方ない・・・

なんだかんだ最後は夜戦でゲージ破壊して無事にE-7を終了させました。

今回の作戦総括。

E-7の弱体化ギミックはなかなか面白いとは思いました。
他のボスを倒すと本命が弱体化する理由はイマイチわかりませんが、かんこれアニメでも無限に再生するボスを倒すためにヲ級を先に叩く展開がありましたし、たぶんそんな感じでしょう。
詳しく説明してくれといわれてもいまいち説明できませんが、雰囲気で察してくださいw

ただ流石に完全にノーヒントなのと0時で倒したカウントがリセットされるのは流石にちょっと違うんではないかと思いました。
そのあたりもうちょっとうまくやってほしかったかなぁ。

なんにせよけっこう大変で難しかったイベントだと思いますが、やはりイベントで今まで育てた子を惜しみなく使い、貯めた資源を惜しみなく投入していくのは楽しいですね。

まだ欲しいドロップもあるのでいまからが本番という話もありますが、ひとまずは今回の作戦はこれで終了といって言いでしょう。

E-7攻略部隊

第一艦隊 
旗艦 じゅんよう、ひよう、まや、ふそう(やましろ)、むさし(ながと、むつ)、かが
第二艦隊
旗艦 あぶくま2、しぐれ(ゆうだち、ゆきかぜ、あやなみ)、あきつき、ちょうかい、プリンツオイゲン、ビスマルク。

頭のわるいひらがなモードで見辛い。
かっこの中はちょいちょい入れ替えてた子たちです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://walrus.blog40.fc2.com/tb.php/1212-957fad96
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今日のえこ占い♪

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

walrus

Author:walrus
エミルクロニクルオンラインのまったりプレイ日記。
最近はロック音楽日記にもなりつつある。

一流のメイドさんを目指しながらも、最近はアーチャーとふぁーふぁーに浮気する毎日。

好きなサーバーはクローバー。

ゲーム内で見かけた人はニヤニヤしてやってくださいね!
何か聞いてみたい事などあれば、お気軽にどうぞどうぞ。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ご連絡などは、takamura45あっとまーくgmail.com までお願いします。(あっとまーくを変換してお願いします)

リンク

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ふぁーふぁ検定♪

Pictlayer

ECOカレンダー

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © walrus