チュートリアル

新しくなったのでぼちぼちやってます。
毎回新しくなるたびにどんどん質が上がっていくのはさすがですね。


今回の特徴はやはりアルマと一緒にお勉強するところですね。
これがなかなか良くできていて、アルマの魅力をよく引き出しています。
1期アルマと2期アルマの動きをみてるだけで楽しいのでアルマ好きはやるべき。

あとの特徴としてはめちゃくちゃ長いことですね。
普通チュートリアルというと30分くらいでさっくり終わるのをイメージしますが、新しいチュートリアルは何時間単位w
すんごい長いんだけど、これは必要な長さなんですよね。
このゲームはもうすでに8年もの年月をかけて積み重ねたシステムが山のようにあり、それらを一度に教えると意味がわからなくなるのは用意に想像できます。
今回のチュートリアルでは一つのシステムをじっくりと教える形になってるのでしっかりとシステムを理解できるのでは無いでしょうか。

まだ全部クリアしてないのですが、今のところ今までのチュートリアルでは一番良いと思います。
手に入るアイテムも結構良いものが盛りだくさんですし、新規プレイヤーにはかなり良いものになってると思います。


全部やったらまた印象が変わるかもしれませんが、より良いものになったのは間違いありませんね。

公式庭晒し

先日あったえこの生放送
「アクロニア学院 ECO部 活動中!出張版」
ってのがあってたのでぼんやり見てたのですが、クローバー鯖で飛行庭に運営チームがお邪魔するみたいな企画が。
せっかくなので、出しておこうと紐を出したら運営チームに突撃された!
びっくりしたw

まさかの生放送で我が家公開となり、大変おどろきました。


ss20140729_210324.jpg

わかりにくいけど手前の子が山下まみさんと運営チームのひとたちです。
あまりの衝撃と生放送と画面を両方みつつで色々あせってあんまり写真とってないですw
テーマ家具があったらポイントみたいな感じのすごいアバウトなコーナーで見事満点を取れた気がするので、山下&ブリキングチームに貢献できてよかったw

そんなに凝りまくってる家ではないのですが、じっくり育てた我が家をお披露目できて嬉しかったですw


いやしかしほんとびっくり。
惜しむ点があるとすればへぶれぐ面子に言わずにぼんやり見てたのでこの栄光をリングで誰も見てなかったことだw

育つな!!!

いよいよアップデートきましたねー。

パートナーだったりユーザーインターフェイスだったり結構がらっと変わったので色々新鮮です。
やっぱりアップデート直後は楽しいね。

ヴァルキリーもらいましたけど、めちゃくちゃ強くてびびった。
なんだあの便利スキル郡は・・・
ファイター系にはぴったりペットじゃないか。
ドモヴォイの嘆きが聞こえる・・・・
あのレベルのペットが無料で貰えるとかえこちょっとすさまじい気がするわ。
普通ならあれお金取られるよね。
てかお金とっても問題ないよね。
タイニーゼロはまだ貰ってませんが、あの子もお金とれるレベルだと思うし、えこすごい。


今日のアップデートで衝撃の事実が発覚してしまった。
ひよこは育つと鶏になりますが、えこのひよこことココッコーが育つとどうなるか。
私の予測では小さいココッコーが大きくなるだけと信じていたのですが、現実は甘くなかった。


ss20140724_173301.jpg


プレビュー後の姿が悲惨なことに・・・
育つな・・・一生このままで居てくれ・・・

ペットが変わる

放送みるかんじすごく強くなりそう。
これは結構楽しみなのではなかろうか。
カーディナルとかソロが出来るようになるかもしれない。
育て上げるまでにどれだけ時間がかかるかはちょっとわからないけど、楽しみですな。

今までの消耗品のような扱いから、しっかりとパートナーになりそうですね。
楽しみだー。
ストライダー本体よりペットのほうが強い、なんてことが見られそう。


あと何気にこれでブリーダーはほぼ死んだ感じがありますねw
ペット経験値上昇が果たしてどれだけうまいのかw
パートナーの犠牲になってしまった可能性が高いw

あとは相変わらずおいてけぼりのDEMさんにも光を・・・

急いで育てる

イツくるかわからない、どうなるかもわからない、そんなペットシステムの変更に備え、とりあえず絶対に使うであろうドモヴォイをちゃんと育てました。
もしかすると育成がクソみたいにめんどくさくなる可能性だってありますし、いま育てても別に無駄になるわけじゃなさそうですしね。

ストライダーで超ベジとねこまんま食べながらだいたい2時間ちょっとかな。
そのくらいで回復力以外はカンストしました。
回復力は割りとどうでも良い。
基本的にドモヴォイの使い道は光剣をかける専門職みたいなところがあるし。

あともう一匹くらい育てておくかなー。


ss20140712_200239.jpg

今日のSS。
へぶれぐメイド祭り(小規模)
だいたい同じような感じですが、それぞれ靴だったり小物の使い方が違うのが面白いですね。
ここで注目してほしいのはありあ子さんのみがフリルカチュを使っている点で、この点がありあ子さんがメイドさんの真髄をしっかりと理解していることがよく解りますね。
にわかメイドさんではまだまだありあ子さんの高みにはこれないのだよ。

面白いくらいPSOやらなくなった

あのサーバー攻撃事件以来、ほとんど動かさなくなってしまったw
マターボード進めとかれべるあげとか色々やれること、やるべきことはあるんだけどな。
飽きたとか飽きてないとかじゃなくて、PSOを起動するって選択肢がかなり後回しになってるのが大きいなコレは。

まぁでも実際壁にぶつかってる感はちょっとあって、たとえばマターボードにしてもやっぱりアイテム集めがクソのようにめんどくさいし、れべるあげも結構伸び悩む感じ。
れべる上げに関してはおそらく野良PTという活路があるのでそのうちなんとかなると思うんですけど、マターボードがほんとに邪魔臭い・・・
アイテム集めが邪魔すぎる・・・


とかグチってみたけど、実はやらなくなった理由で一番でかいのはワールドカップですね。
えこですらまともに動かしてないw
たぶん今一番動いてるオンラインゲームはかんこれだなw
ワールドカップはじまって、ペルソナQも大して動いてないし、ほんといろんなところに影響がでてるw

それももうすぐ終わりと思うと寂しいですね。

まさかのマンガ化ふたたび

えこがまたマンガになるようです

雑誌自体はまったくしらない。
勝手な思い込みですけど、えこユーザーの10%くらいしかこの雑誌の存在を知らなさそう。
雑誌を知ってもらえたというだけで、とりあえずえこゆーざーにはこのコラボというか連載の意味はありましたね。
問題ははたして地元で売っているのか!?


前回のデルタサーガとちがってアルマをメインにした漫画になるみたいですね。
方向性としてはまったくもって正しい。


のんびりした日常系の4コマあたりがベストなのではないかと常々おもっていたので、いい傾向だと思われます。
これでえこアニメ化への道筋が出来たとも言えますね。
近年のアニメ原作資源の枯渇を考えるに、8年間も続いた長寿オンラインゲームのえこは十分アニメ化するにふさわしいポテンシャルを持ってると思いますが、オンラインゲームのアニメ化ってテーマをどうするかがすごく難しいので、ここを思い切って魅力的なキャラクターで日常アニメを作るというオンラインゲームの特性をまったく無視した方向性に進むと成功するんじゃないかな。

まぁアニメ化とかまだ先の話でしょうし、ひとまずは漫画が楽しみですねー。

あまりにも写真がない

このブログなんだかんだぜんぜんスクリーンショットをアップロードしない。
ナンデ?
めんどくさいから?

違うのだよ、忘れてるからだ。

SSとってもなんか忘れてるんですよね。
SSアップロードをする文化が無い。

というわけでちょっとしばらくSSをアップロードする文化を根付かせたい期間にはいります。



ss20140706_005403.jpg

ちょっとまえににゃんなべとありあ子さんでアイドルユニットを組んだときのSS。
鍋は「へぶれぐアイドルマスター」と言い、私は「へぶライブ!」と言った。
ちなみにどっちもあんまり詳しくないです。
鍋に合わせて耳はやしたり、赤い服にしてみたりとがんばったけど、全体的にありあ子さんのチープさがすごい。


しかしSSあげるとやっぱどうでもいい内容の日記でもなんかすごい内容があるようにみえるなw

水着イベント

そういえば去年やってねーなーって思って行き倒れタイニーを介護するイベントをやりました。
行き倒れたいにーは正確な名前わすれたので、てきとーです。

やってて思ったのですけど、最近のおつかいイベントはほんとゆるくなったなーと思いますね。
とくにみたまイベントとか、近場までワープできたりするし。
南平原とタイニー島を往復しながらそんなことを思っておりました。

いざアイテムを貰う段階でどれ持ってたか忘れてしまって、てきとーにワンピースもらった。
ついでに競泳小に変えた。
たぶんこれはもってないはず。
また暇なときにやろうかな。


えこがまた謎の番組をスタートさせますね。
えこにゅーが玄人向けとしたら新番組は新規さんを呼び込む感じの番組なんかな。
声優さんを二人も起用するとは。

って思ったけど、よく考えるとえこってわりと声優さんを起用してきた歴史がありましたね。
古くは植田香奈さま、原田ひとみ、松来未祐、忘れてはならない竹内さんなと今考えるとわりと豪華な陣容でしたな。
なんにせよ楽しみですね。

わグルまの思い出

なんだかんだずーっと続けていたわグルまが昨日の6/30日をもってサービス終了しました。
オンラインゲームがこれだけ大量に溢れる今、サービス終了に立ち会うのは珍しいことではありません。
ですが、好きでずっと続けていたゲームがサービス終了するのは何気に始めで、さすがに経験したことのない寂しさがあります。

かのPSOBBですら味わったことの無い感情です。
あのゲームは青春を燃やしたゲームでしたが、サービス終了のときはすでにECOに生活の場を移し、さらに全くアップデートされないような状況が続いていたので、寂しさも当然ありましたが「しかたない」とか「よくがんばった」という感情があったのを覚えてます。
PSO自体はドリームキャストから数えるとかなりの長寿でしたしね。


ハンゲームで何気なく見つけたわグルまですが、当時としてはブラウザゲームで声が出るのにとても驚いたのを覚えています。
今でこそ、かんこれなどブラウザゲームで声が出るのは当たり前になってきましたが、2011年当時はクライアント型のオンラインゲームですら声が出ることが珍しくそれだけで売りになるような状況だったので、ブラウザゲームもここまできたのかと感動したものです。

実際のゲームは何をするのかよくわからず、というよりは目的が設定されておらず、これはどういうゲームなのかとかなり戸惑いました。
チュートリアルでお出かけでの素材採取、工房での家具作成、そしてその家具でのハウジングとやれることとやることを教えてもらえるのですが、正直いって「これだけ?」感がすごかったですね。
さらにモンスター娘たちのごはんや遊ぶなどのお世話も割りとめんどくさく、「二ヶ月続けばいいほう」とか思ったものです。
それがなんだかんだ3年に近いくらい続くゲームになったのです。
もっと瞬発力で言うと面白いゲームは沢山あったと思うのですが、それを押しのけて続たゲームでした。

わグルまをここまで続けられた理由の一つは上記した、お世話のめんどくささが大変に貢献してます。
一日二回、朝起きてすぐと寝る前にご飯をあげて遊んであげる。
しばらくするとこの作業が一日のサイクルにハマってしまって、気がついたらやめられないゲームになっていました。
今おもっても結構めんどくさい作業だったんですよね。
しかし愛着が沸いてしまうとめんどくさくてもなんだかんだやってしまうものなんですね。

そしてもう一つの理由が、一日一回、自動でお出かけしてランダムで何かをやってくれるというシステムがなかなか良かったです。
他の人のモンスター娘と戦ってみたり、変なアイテムや設計図を拾ってくれたり、野良モンスター娘を捕獲してくれたり、何もせずにゴロゴロしてたり。
朝起きてお出かけの報告をみるのが何気にちょっとした毎日の楽しみでした。
このシステムはすごく良かったですね。
良い結果が出た日にはちょっとだけ良いおにぎりをごはんにしたりしたものです。


わグルまは感覚としてはペットとペットの小屋を作るゲームというのが一番しっくりくるかもしれません。
自分が指示できるこがほとんど無く、ただ行動の結果を見守るだけのゲームでした。
それゆえに一度愛着が沸くとなかなか抜け出れないゲームでしたね。
かんこれも似たようなところがありますが、それより一歩踏み込んだシステムだったと思います。

反面終わった原因というか不満が最後まで残った点は、モンスターの所持数とお世話の問題でしょうか。
キャパシティを超えるモンスターを使役できなかったので、せっかく新しい子を拾ってきてもすぐにリリースしないといけなかったり、またキャパシティを増やしてモンスターを沢山使役するとお世話がとんでもなく面倒になります。
一度捕獲したモンスター娘は女神転生のようにお金を払うとすぐに戻せるようになるとか、お世話コマンドを簡略化するとか、全員におにぎりを与えるアイテムをもっと楽に入手できるようにするとか、そういう細かいシステム変更が早めに来てればもっと長続きしたのでは、と思ってしまいます。

終わったことは残念ですが、ゲームが乱立しさらに主戦場がスマートフォンに移りつつある今、よくがんばって続いてくれたゲームでした。
良いゲームでした。


わぐらすと

最後に一番みなれたうちの玄関から記念写真。

今日のえこ占い♪

カレンダー(月別)

06 ≪│2014/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

walrus

Author:walrus
エミルクロニクルオンラインのまったりプレイ日記だった場所。
今後は適当に遊んでるゲームとかの日記になるはず。

一流のメイドさんを目指しながらも、最近はアーチャーとふぁーふぁーに浮気する毎日を過ごしてました。

好きなサーバーはクローバー。

ゲーム内で見かけた人はニヤニヤしてやってくださいね!
何か聞いてみたい事などあれば、お気軽にどうぞどうぞ。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

リンク

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ふぁーふぁ検定♪

Pictlayer

ECOカレンダー

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © walrus