へぶれぐスポーツ芸能部

ゆさん密着デート!?
相手は某有名妖怪!?

われわれが入手した情報によると、先日南稼動橋で釣り商人として有名なゆさんとあの人気有名妖怪の密会があった模様。
普段の紳士スタイルではなくステータス補正重視にした某妖怪の胸アクセにゆさんがとびこむ姿を何人かの通行人が目撃しており、これはおそらく間違いのない出来事だ。
二人はそのまま高級ブーストに乗り南の方角へと進んでいったという情報もあり、取材班はさらに調査を進めたところ、どうやら目的地は最近発見された無限回廊の下層だと判明した。
下層はVIPルームとなっているため、我々取材班では立ち入ることが出来なかったが、通行人の三次職の方に話を伺ったところ
「妖怪がひたすらドラゴンライダーを鞭で叩いていた、ドロップバーストのエフェクトも見えていた」
「牢獄で必死に宝箱を叩くゆさんとその隣で休憩する妖怪を見た」
などの証言もあった。
これから推察されるにどうやらいま高レベル帯でひそかなブームとなっているワームドラゴンの卵を狙うデートのようだ。

ゆさんの所属する事務所によると「お友達という風に聞いております」との返答があったが、果たして事実はいかなるものか!?
尚、卵は出なかった模様。




ありあ子さん深夜のミッション!?
へぶれぐおバカ三人集の痴態!?
危険な遊びは止まらない!?

ゆさんのデートが目撃されたのと同日、今度はありあ子さん(39)*1にもスキャンダルが発覚した。
へぶれぐの三バカとして有名な闇鍋(38)、メリルリア(16)の三人でミッションを行った模様だ。
ミッション自体は合法の遊びではあるが、問題はその内容。
仕掛けられた罠をいかに華麗に踏むかで競争するという危険極まりない遊びを実行していたのだ!
有識者の方にコメントを求めたが
「何人巻き込むか、いかに切羽詰った状況で罠を踏むかで競っていたみたいだ、正気の沙汰とは思えない」
「未成年も居るのにそんな遊びをするとは常識がなってない」
などといった厳しい批判もあり、これからの雲行きは怪しくなってきた。

以上、へぶれぐスポーツ芸能部から取れたて情報をお送りいたしました。

*1.年齢等は事務所発表のものを採用させていただきました。

無限回廊など

開封済みのドロップふえーると未開封のふえーるを間違って使ってしまったので無限回廊ソロをちょっとだけやりました。

めざすはワームドラゴンのたまごです。
別に欲しくはないけど、売ると高そうな感じなので狙ってみました。


ドラゴンライダーはマップ全体で数が決められているのかあんまり沸かない印象があります。
なので探すのも一苦労です。
見つけてもさすがに旬のMOBだけあってすでに戦闘中などもよくあります。
結構大変です。
そして思いのほか強いので、割とピンチになりますw

罠ふんだりしてぐぬぬとなる事もありますし、やはりソロでいくよりは誰かを誘っていくほうがよさそう。

といってもゆさんはまだ110武器の開放も終わってない子なのでそのあたりを使えるともうちょっと話は違うかもしれないけど。
ひとまずゆさんパワーでは効率うまうまとはいきませんでたが、もうちょっと工夫できるかもとも思ってます。

ゆさんは釣りなどで稼働率があがりつつあるので、もう少しがんばらせてもいいかも知れない。

あっぷでーとしました

ねんがんの高レベル向けマップだ!


ログインしたらなんかみんなもう現地に向かいつつあったので急いでファームの世話だけやって私も混じることにしました。

メンバーは白尾さん、アサシン君、なつみー、でみさんの5人です。
マエストロ、アストラリスト、カーディナル、フォースマスターの物理と魔法のバランスのよい構成に農家を加えた最強パーティです。


ダンジョンに降りたった一行が目にするのは薄暗く迷路のように入り組んだ迷宮だ。
先のほうには光が届いておらず、君たちは未知なる領域に少し不安を覚える。
君たちはこのまま先に進んでも良いし、一度情報を集めても良い。

ピッ
→ すすむ


とりあえずダンジョンの構成でいうとなかなか考えられていますね。
罠というびっくり要素にじょじょに強くなる敵だったり割りとダンジョンダンジョンしたダンジョンです。
コンパスやスクロールなんかのお助け攻略要素もありますし、ダンジョン自体は結構良い感じだと思います。
なんかこう思ったより良い出来だったと思う。
PTによってダンジョンの入り口と出口が違うのもなかなか好感が持てますね。
結構面白いと思う。
ただ難点を挙げるとすると面白い要素はめんどくさい要素でもあるので、そこをどう感じるかでしょうね。
めんどくさいと思った人はひたすら苦痛になるでしょうね。



階段を下りた先は今までと少し雰囲気が違うようだ。
君たちはあたりを探索すると、階下が見下ろせるテラスのような場所に出る。
それはさながら闘技場のような構造で階下は大きく広がった広間があるだけだ。
その時君たちは強烈な殺気を感じる!
君たちを出迎えるように下層広間の中央に巨大なキメラが現れた!
さぁ武器を取り戦いたまえ!
もちろん、傷ついた体を考慮しここは避けるのも懸命な選択だ。

ピッ
→ 突入


なんかボスはどうやら3フロア攻略するごとに出てくるらしく、4フロア目は安全地帯とぼったくり自動販売機が存在します。
あんまり使いたくないですが、いざというときは使うんだろうか・・・
エリア的には安全地帯の上層、ボスが沸く下層に分かれてて、上層からボスと戦ってる人を眺めたりもできます。
闘技場みたいな感じで結構おもろい。
なんか変なボスと戦ったけど、まぁそこそこな感じで倒せたので、そこまで敷居は低くなさそう。
ダメージチャージとかもなかったし。
といっても最下層とかまで行くとどうなるかわからんけどな・・・



長い戦いの果てに君たちは新たなエリアに到達する。
階段を抜けるとそこは今までとは打って変わった光にあふれたエリアだ。
だが道の先は霧がかかったように見通しが悪く、君たちには今までに無い緊張感が走る。
ふと見ると通路の先にかわいらしいパンダが歩いている。
かわいらしい仕草に気を緩めた瞬間、パンダは君たちを発見し襲ってきた!

ああっと!


最下層付近になるとくらいエリアから明るいエリアになります。
明るいだけでかなり気分はラクになるので視覚的なものって重要なんですね。
ココの辺りから3次でも余裕で死ねるくらいになるのでパーティの連携がより重要になってきます。
赤いパンダとかウサギとか結構かわいいのがおるので次はカメラを忘れないようにしたいです。
あと謎のドロップもこのあたりから増えますね。



へぶれぐたんけんたい

おめでとう!
君たちは長い道の末、ついに最終層へとたどりついたのだ!


へぶれぐ探検隊は多数の犠牲を払いながらなんとか到着しました。
ぶっちゃけなんか別に無理してくる必要なかったみたいなのですが、ついたときはそこそこ充実感がありましたw
無理してやることじゃないのですが、結構面白かったのは確かですね。


不満点をあげるならクエストが結構めんどくさかったところですかね。
100の時点で受けられる討伐は結構下まで降りないとダメだったのがめんどくさかった。
収集くえもあるんだけど、なかなかドロップしないし・・・
ミッションが思ったより気楽じゃないのがめんどくさいとこかなあ。
せめてもうちょっとクエが楽だったらよかったかな。
あとはダンジョンらしくちゃんとした宝箱が欲しい。
宝箱はダンジョンとしては必須でしょ・・・

ファーム図鑑

やさいの1と2のアナザーがコンプリートしました。

コレもひとえに私のたゆまぬ努力のおかげなのでアイテムをゲットするさいには「フランシスさんありがとう」という感謝の気持ちを忘れずにゲットしてください。


んでもらえるアイテムは選択性なのでどれを貰うか迷うところですね。

気になってたシンプルツリーをゲットしてみました。



でかい木


めちゃんこでかいんですけど・・・
庭におくと大変そうですw

二台目の飛行庭がゲットできたらいろいろ考えてみようかなぁ、と思わせる木でした。

他にもなんかいろいろあるので、へぶれぐの方はゲットしましょう。

なんかきた・・・

新サーガ発表きたー。

詳しくは公式みてね☆


ネクストサーガでまたクエストが枯渇しちゃうかも。
楽しみじゃわい。

なんか他にも二台目飛行庭がやばそう。
家具がおける・・・

ふぁーふぁー最強伝説

こないだのアップデート以降ふぁーふぁーの最強伝説がとまりません。

特にお気に入りなのがマリオネット関係の修正です。

マリオネットオーバーロードの10分間のマリオネットタイムは「まだ切れないの?」と不安になるくらい長く、さらに再憑依待機時間2分は「あ、もう憑依できた」と思うくらい短く、そしてどんなに攻撃をくらっても削れる気配のないマリオネットは憑依による武具の保護という概念を根底から覆した。
マリオネットのステータス上昇に加え、マリオネットマスタリーでの火力の上昇、さらにマリオネットチェンジでの防御属性および自動回復の切り替えにより防御面での安定感も上昇、だたでさえ寄生で硬かったふぁーふぁーがさらにムテキとなった。

マリオネット最強伝説はいまここに幕をあけたのだ。

他にもマリオネット召喚はハーヴェストマスタリーと合わさることで最強のデコイとなり、さらに属性が合えば火力としても計算できる恐ろしい存在になりました。
キング召喚のほうは今STRステなので試してませんが、FA取れるってだけで超偉大でしょう。
3次の序盤から中盤あたりのレベルアゲがほんと楽になりそう。

でかにんじんは十分強力でしたが、ヤドリギがあるならそっちのほうがいいかなって思う。
まぁ微妙に特性が違うってか、デカにんじんにはかわいいという最強の特性があるのでヤドリギを切って単体攻撃はにんじんに任せるというプランも十分にありえる。
ヤドリギは強いし便利ではあるが、見た目のインパクトでいうと明らかにデカにんじんのほうが上といわざるえないだろう。


これでなー、しょんぼり軍団ももうちょっと強くなってもうちょっと時間がのびてくれたらなー。

しかし少しだけ寂しいのは召喚してすぐにお倒れまくるタイニーことで有名だったタイニーが結構タフになったのが寂しいw
ボコボコたおれながらもたまにバステかけてくれるの結構好きだったんだよなーw
「よくがんばった!」って感じがして結構すきだったw


ふぁーふぁー最強伝説はまだまだ続く・・・・

今日のえこ占い♪

カレンダー(月別)

08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

walrus

Author:walrus
エミルクロニクルオンラインのまったりプレイ日記。
最近はロック音楽日記にもなりつつある。

一流のメイドさんを目指しながらも、最近はアーチャーとふぁーふぁーに浮気する毎日。

好きなサーバーはクローバー。

ゲーム内で見かけた人はニヤニヤしてやってくださいね!
何か聞いてみたい事などあれば、お気軽にどうぞどうぞ。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ご連絡などは、takamura45あっとまーくgmail.com までお願いします。(あっとまーくを変換してお願いします)

リンク

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ふぁーふぁ検定♪

Pictlayer

ECOカレンダー

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © walrus