もうちょっと続くよ

ついにこの日が来たって感じですね。
今年に入ってからのメインストーリーの流れとか季節イベントの流れがどうにもキナくさい感じがするので、年内にECOが終わる、もしくは大掛かりなアップデートが無くなり緩やかにゲームが終わるのか、どっちかになりそうって思ってましたが、いずれにしても年内くらいは持つんじゃないかなーって漠然と思ってたので、8月で終了するのはさすがにびっくりしましたね。
なんとなくある程度の覚悟はできていたので、もちろん寂しかったり悲しかったりはしますが、それ以上に今は驚きのほうが勝りますね。

というわけで昨日、つまり15日は久しぶりの顔をたくさん見れましたw
へぶれぐメンバーはもちろん、名前だけ知ってる知らない人とかもたくさん見れたw
やはりサービス終了告知のインパクトはスゴイみたいで、ツイッターでも昨日は一日中トレンド入りしてた気がします。
さすがに12年続いたゲームゆえにいろんな人がどこかで触ったりしてたんだろうなと感じましたね。

とはいえ、まだまだあと3か月くらいは遊べるので、しばらくは移籍先とか移住先とかは考えずに普段通り遊ぼうかとは思ってます。
さすがに何も考えずに普段通り遊ぶとアップタウン警備で終わってしまうので、個人的なゲームクリアの目標をいくつか立てようかなと考えてます。

一つはネコマタちゃんたちのレベルを全員上げること。
初期のECOの顔であったネコマタちゃんたちをしっかり上げて終わらせたいという気持ちがあります。
転生110まで上げるのはちょっとつらそうなので、どのくらい上げるかは後で決めます。

もう一つはアナザークロニクルを全員分1ページだけでも埋めてしまう事。
こっちも割と頑張らないと集まらない気がするのですが、最悪トレードや購入などを駆使すればマッハで終わるので、ネコマタちゃんたちを上げる目標のついでにやるイメージでがんばります。

あとは最後にいつやるかは決めてませんが、へぶれぐイベントをやりたいですね。
それもいつ何をやるかまだ全く決めてないので、そのうち考えて皆に伝えようと思ってます。

なんかいろいろ書いてたら寂しくなるので今日はこのくらいで。

一か月ぶり

えこの話

代り映えないですが、毎日ダンジョンはがんばって毎日やってます。
あとお城ポイント稼ぎもちまちまやってます。
そのくらいしかやってませんが、なんだかんだ毎日何かしらで遊んでる気がしますね。
基本ソロですけどな!

あとはねこくじ2みたいなのが出てくれたおかげで我が屋にも怪盗にゃんこがきました。
しずのさんから譲ってもらったんですけどね!
たいへんかわいい。
あの子あの見た目でワガハイと喋るので名前はもるがにゃんにしました。
モルガナ以外ありえない。

季節ストーリーもなかなかいい感じですね。
スタンプみたいなエモーションを使わせたい劇場はなかなか良いかんじです。
あのスタンプみたいなエモはなかなか使いどころがないので、積極的に使っていきたいんですけどよくわすれる。
あとせっかくのイラストが名前とかHPバーとかとかぶってみえにくいのもつらい。
もうちょい上に表示できるようになりませんかね!


えこ以外のはなし

しゃどばすは停滞期といっても過言ではあるまい。
環境をネクロが取ってるのに何をと思うかもしれませんが、ランクマッチをやらなくなってからはフリーで遊ぶばっかりになってしまい、面白そうなデッキを考えるも全体的にカードパワーが上がった今はファンデッキではなかなか勝てず、徐々にフリーからも足が遠のき・・・といった感じです。
毎日ミッションはやってるので、遊ぶのは遊んでます。
飽きたとかそういうわけじゃないのですが前より遊ぶペースは落ちてるとおもいます。
2ピックが微妙になったのも原因の一つではある。
ちなみに最近使ってるデッキはネフティス、ネフティス抜き手帳デッキ、ネクロコントロール、メルヴィ入りドロシー、ノーガウェイン指揮官デッキ、復讐ヴァンパイアのどれかをチョイスして回してます。
愛しのアグロはランクマッチじゃないと使わないと決めてるので最近まったく使ってないですね。


FGOは絶賛イベント中で毎日しっかり遊んでます。
イベントはかなりめんどくさいですが、話がとにかく面白いので続けられる。
このイベントは本当にイベントなのか?と言いたくなるくらい濃厚なストーリーで、めんどうなクエストなども先の展開を見たいという欲求ががんばらせようという気持ちを与えてくれます。
イベントは直前に手に入れた玉藻と二番目にきてくれた☆4サーバントのタマモキャットが大活躍してます。
だぶるタマモシステムでもふもふがやばい。

そんな感じのゴールデンウィークでした。
とはいえうちはゴールデンウィークに休みがないんですけどね。

しゃどばす

新セットが出てしばらく遊んでたので感想とかいろいろなことを。

ネクロマンサーのアグロがだいぶつよくなった。
オルトロスと骨っ子軍団のパワーがすさまじい。
すさまじいんですが、対策されるとすぐ死にそうってか対策されたらすぐ死ぬw
現状ではランプドラゴンとの相性はそこそこ良くて相手がのんきに加速とかしたらだいぶ勝った気がしてくる。
ラハブとグリームニルは厄介な壁ですが、逆にいうとそのくらいしか脅威が無いので、それを突破したらあとは楽な展開が待ってることが多いですね。
ドラゴン側がしっかりと対策をとりだしたら相性はだいぶ改善されそうな印象はあります。

ネクロはアグロとミッドレンジ型はかなり強いんですが、コントロールは完全にだめな印象がありますね。
強みだったカムラとモルディカイの対策カードが増えたのとそいつらではもはやどうしようもないカードが増えたのが原因ですね。
新しい形のコントロールを組めたら行けるのかもしれませんが、現状ではドラゴンとビショップにどうしようもないほど弱いのがキツイですね。

エルフは新カードが結構やりおる。
リノセウスを投げる動きは守護の増加で前ほど楽ではなくなりましたがその分ゲーム展開が遅くなり、白銀の矢を余裕をもって刺せるシーンが増えた印象があります。
特に強いなーって思ったのはエリンとエルフクイーンですね。
どちらも白銀の矢のための時間稼ぎとしては十分な働きを見せてくれます。
特に工夫無く使えるので雑に投げて強いですね。
白銀の矢を刺すコンボよりのコントロールを使ってますが、以前よりはるかに強くなりましたね。


今のところまじめに触ったのはこの二人くらいで、あとはちょこっと触った程度なので詳しいことは何もいえない・・・
ざっくりした感想。

ロイヤルはルミナスメイジがめちゃくちゃ強いので研究が進んだらロイヤルはティア1に返り咲きそう。
かえるデッキはロマン。

ウィッチは巨兵が面白すぎてヤバイ。
巨兵を育ててアンリエットで二回殴る最強のコンボはロマンがありすぎて楽しい、ただ必殺は勘弁な!
超越は使ってないのでよくわからんw

ドラゴンはランプはエーテルコストが高すぎて組めないw
いわゆるOTKのディスカードデッキは安定感が上がってヤバイ領域にはいった気がするけどアグロネクロに殺されまくる。

ビショップはネクロには相変わらず強い。
新カード地味なのが多いけど地味ゆえに気が付きにくい強さを持ってるカードが多かった。
使ってみるとめちゃくちゃやなこれ、ってのがいくつかあった。

ヴァンパイアは一度も触ってないからわからんw
ブラッドムーンメイルストロームは名前の響きのカッコよさと決まったらだいたい勝てるレベルの恐ろしさを兼ね備えた最強コンボの可能性がある。
あとカオスシップが尋常ではない強さだった。


実装日から土曜日まではひたすらネクロばっかり触ってて、日曜にちょっとエルフ触ったくらいなのでまだまだエアプ感がすごい感想です。
現状だとドラゴンとネクロマンサーが強いイメージがありますが、どちらもナーフ前のドロシーほどどうしようもないレベルでは無いと感じてます。
そのためこれから格リーダーの研究が進めばまだまだ環境は変わると思うのでこれからに期待がもてますね。

これだけだとアレなので今一番フリーで遊んでるデッキを。

まんもす

骸の王マンモスデッキ

いろいろ形を変えましたが今はマンモス解凍用&王を引けなくてもごまかせないかな要員でヘクターを採用してます。
マンモス解凍のサブプランを諦めてケルベロスかオルトロスを採用しても良いと思います。
とにかく回ったときに圧倒的な場が出来るのが魅力で、ブン回ったらビショップ以外ならだいたい勝てるのが魅力のデッキです。
王をひけなかった時用のサブプランとしてリーパー君とヘクターさんを採用しています。
ちょっと微妙かなと思ってるカードも何枚かありますので、もうちょっと詰めていける気がする。

120武器

地獄のように長いイベントを乗り越えてなんとか120武器の作成に成功しました。


ss20170328_231654.jpg

カッコイイ。
地獄感が出てる。
見ての通り両手斧を作りました。
片手を作ろうとか思ってたんですけど、不用意にイベントを進めてたら両手になってしまったw
まぁどっちでもよかったのでこれで満足ですな!

120武器を作るイベントも長かったですが、その前提もかなりの長さでしたね。
イベントまったく触ってないタイプの人にはかなりの長さになりそう。
いろいろなイベントちゃんとやっててよかったw

ちょいネタバレになりますが、このイベントは今までの全ての人たちとの繋がりだったり、経験だったりを糧に世界を旅して神器を作るという壮大なイベントになっていて、特に今までのNPCたちが力を貸してくれるという流れはかなり好みですね。
あの子やあの人達がいろいろ手助けして世界の危機にともに立ち向かうフランシスさんを支えてくれるという燃える展開でしたね。
ストーリーは良かったので気力がある人はチャレンジしてほしいです。

ただほんとにめんどくささはかなりのものがあるので、ちまちまやるのがオススメかな。
特にイベント全く触ってないってひとはほんと一日つぶれる勢いでかかる。

しかし110武器が最強なのが長い間ずーっと続いてたので、なんだか感慨深いものがありますねぇ。

神々の騒乱 雑感2

ネクロマンサー視点でカードをみていきます。
テキストをいちいち書くのがめんどくさくなったのでカード自体は以下を参照してください。
https://cycomi.com/title.php?title_id=50


魂の番人・ミント
いつか出ると思ってたネクロマンス踏み倒し能力を持ったカードです。
4コストのフォロワーとして基本的なスペックは持ってるので十分合格点といえますが、ネクロマンスの踏み倒しを活用しようとすると、一緒にほかのカードを使う必要があるため、実際のコストはもっと重いと考えていいと思います。
デスタイラントを10ターン目に投げつけるコンボは強そうですが、それ以外はいまいちぱっとせず、現状では割と使いにくいレジェンドなのではないかと考えてます。
強い流れとしては6ターン目に死の祝福で墓地が枯渇したあとの7ターン目に3コス以下のネクロマンス消費カードと一緒にプレイするとなかなか強そうだとは思うので、ミッドレンジからコントロールにかけてのネクロマンサーには採用しても良いのではないでしょうか。


魔将軍・ヘクター
ミントさんとは違い、かなりわかりやすく強いフォロワーですね。
通常のゾンビを出すネクロマンス消費は4であるのに対し、こいつはなぜか3でゾンビを出してくれます。
それだけでもそこそこ強いのですが、他のフォロワーに対するバフもかなり強烈ですのでうまくフォロワーを残せたらそのままフィニッシャーとして活躍してくれそうです。
突進での除去などいろいろ活躍の場がありそうなわかりやすい強さの将軍ですが、しいていえばネクロマンサーの7コスは強いフォロワーが比較的多いコスト帯なので、デッキ構築がまた難しくなりそうです。


破魂の少女
シャドウリーパー君に続く2コストのゴールドレアのフォロワーですね。
ネクロマンス4を消費することで相手の進化済みのフォロワーを破壊できます。
何気に結構強いことが書いてるのでデッキには入ると思います。
進化の打ち合いで主導権を奪い合う中盤において、2コスで相手の進化済みを倒しながら2/2とほかに何かを展開できるというのはかなりテンポが取れるので、アグロやミッドレンジ、コントロールまで幅広くデッキに入る可能性がありますね。


不死の大王
アドバンテージの塊マン。
書いてること自体はゴブリンプリンセスとかなり似てるのですが、出てくるものの質がちょっとだけ上になってる感じですかね。
出てくるワイト2匹をフルに活用するためには何らかのフォロワーを生き残す必要があるのですが、そんなの考えなくても普通に強いので何も考えずにデッキに入れても活躍してくれると思います。
こいつもやはり7コストなのでデッキ構築には気をつかう必要がありますね。


死神の手帳
プチネフティスですね。
なかなか面白いカードだと思います。
サーチしてくるのは全てネクロマンサーのフォロワーなのでデッキの低コストフォロワーをニュートラル多めでとって、ネクロマンサーのフォロワーはラストワード持ちに絞って採用すると毎ターン何らかのアドバンテージが取れます。
ネフティスデッキの4コスト枠にぴったり入る良いカードだと思います。


オルトロス
ミミとココをランダムで発射するケルベロスの妹分的な感じですね。
本人のステータスが1/2と貧弱極まりないのが難点ですが、シャドウリーパーを引けなかったときのアグロの4コストの吐き出し先としてはかなり優秀だと思います。
個人的にはアグロネクロは死にかねない環境になると思ってますが、先手でのブン周りパターンが増えるオルトロスは唯一の希望なのかもしれないとちょっとだけ感じてます。


骨の貴公子
ボーンキマイラの亜種って感じですかね。
全体にラストワードを付与するので、フォロワーが2体以上いるときはボーンキマイラ以上のパフォーマンスを見せます。
問題があるとすればボーンキマイラ自体がそこまで強くないということですかね。
とはいえ、ヘクターや大王といったフォロワーが残っているとより強力に使えるカードが増えていますので、こういった骨っ子を出すカードはいぶし銀の働きをしてくれるかもしれません。


忌刃の戦士
味方を食べて強くなるマン。
ラストワード発動要員として2ピックでの活躍が見込まれる人ですね。
かなりバカにならないサイズになるので、仲間を食べればかなり格上の相手とも有利な戦闘が出来そうです。
構築では若干厳しい気がしますが、ラストワードを発動させながら相手に対処を迫るサイズのフォロワーを出す動きは結構強そうな気がしますね。


冒涜の墓場
いつか出ると思ってたゾンビを自動で出すアミュレットですね。
ネクロマンス4が大変重くのしかかりますが、書いてること自体は悪くないです。
相手のエンド時に出るのはミントとかみ合わずやや残念ですが、その代わりに自分のターンで即殴れるゾンビが手に入ります。
対処されにくいアミュレットで大王などのサポートが出来るのは割と良さそうにみえます。
デッキにたくさん入れたくなるカードではありませんが、使ってみると案外悪くない気がするみたいな感じのカードになるんじゃなかろうか。


死月の使徒
幽体化を内蔵したフォロワーですね。
何故かコストがさがってるのが不思議です。
カチカチの守護が増えそうなのでアグロの1コスト枠に採用できる良いカードだと思います。
他にもタイラントを投げつけるデッキや、骸の王デッキの新しい仲間としても優秀ですし、いろんなところで見かけるようになるかもしれませんね。
ただし、守護をたくさん採用しないウィッチなどには良いカモなのでそのあたりは難しいですな。


漆黒の鎌使い
3/6必殺という実にブロンズらしいカードですね。
オマケのようなラストワードも相手のカードと確実にトレードできるようになると考えると案外悪いものではなく、守護の群れを除去やら必殺で突破していくのが必要になりそうな次の環境で意外と役に立ってくれるかもしれません。
イラストはやたらとカッコイイのでそういう人気もでそう。


ゴブリンゾンビ
ゴブリンがゾンビになるとなぜかステータスが上がるという不思議現象。
ただしコストも2ふえる。
ターンエンド時にかかるネクロマンス消費のバフは3ターン目に発動させるのはなかなか難しいですが、それ以後なら安定して4/5として運用できそうです。
主な活躍の場は2ピックになりそうです。


ゾンビパーティ
たのしそう。
ゾンビがたのしそうでほんとうによかった。
パーティといいつつこいつら何やってるんだって感じはかなりありますが、カードとしてはかなり強いです。
2コスで3点飛ばせる除去として安定して運用できるうえに、エンハンスでゾンビがたくさん出てくれます。
エンハンス7といえば冥府神と同じエンハンスコストなので、一見するとライバルですが、元は低コスト除去なので両方採用することで、終盤に安定して相手を倒しながらフォロワーを出す強い動きが出来そうです。
とはいえ、しょせんは3点除去なのであまり過信すると痛い目をみそう。


ゼウス
ニュートラルのカードですが、ゼウスはネクロマンサーとの相性は結構いいです。
ネクロマンサーというかケリドウェンとの相性がかなりいいです。
ケリドウェンの最大の欠点は進化ポイントを使い切った後に、ゴミ化することでした。
それを埋めようとオリヴィエを採用すると今度はオリヴィエが復活の対象に選ばれてしまい、あんまりケリドウェンの進化のうまみがなくなるという悲しみを背負ってました。
しかしゼウスという高パフォーマンスをもった10コスのフォロワーを採用することでオリヴィエ→ゼウス→ケリドウェンでゼウス復活というゲロいパターンが使えるようになります。
ネタ感はかなりありますが、それにウルズを合わせたりすることでニッコリできますのでとりあえずそういうデッキを組んでみたいと思ってます。
ちなみにバハムートでも似たようなことが出来ましたが、バハムートだと復活のターンがあんまりおいしくなかったのでそこまで強くなかったです。


オウルキャット
今回のアイドル候補。
ハンサよりも煽り力が高く、ぜひともエンブレムが欲しい。


今回のネクロマンサーは結構良いカードもらえた気がしますが、他のリーダーに比べるとちょっと弱いかなという気もします。
アグロ、ミッドレンジ、コントロール、すべてに採用できるレベルのカードはあまり無いですが、それぞれを強化するカードはありますのでまぁそこそこかなくらいの感じ。
環境次第では結構戦えるとは思うので、次の環境もネクロマンサーでがんばりたいです。

今日のえこ占い♪

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

walrus

Author:walrus
エミルクロニクルオンラインのまったりプレイ日記。
最近はロック音楽日記にもなりつつある。

一流のメイドさんを目指しながらも、最近はアーチャーとふぁーふぁーに浮気する毎日。

好きなサーバーはクローバー。

ゲーム内で見かけた人はニヤニヤしてやってくださいね!
何か聞いてみたい事などあれば、お気軽にどうぞどうぞ。

(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ご連絡などは、takamura45あっとまーくgmail.com までお願いします。(あっとまーくを変換してお願いします)

リンク

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ふぁーふぁ検定♪

Pictlayer

ECOカレンダー

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © walrus